新潟藤田組は「SDGs」に賛同しています。

新潟藤田組は、「我々は信頼の獲得を大切にし会社と社員一人一人が共に成⻑し発展し建設事業を通じて社会に貢献する」という経営理念の基、SDGsの取り組みに賛同し、目標達成に貢献してまいります。事業活動のあらゆる側面と社会貢献活動を通じて、社会が抱える問題の解決を目指します。

SDGs(持続可能な開発目標)とは

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」で、社会が抱える問題を解決し、2030年までに持続可能な世界を実現するための「17のゴール」と「169のターゲット」で構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。

《 新潟藤田組のSDGsへの取り組み 》

自然エネルギーを活用し、
環境に優しい会社を目指します。

  • 太陽光発電による再生可能エネルギーの持続的な普及への貢献
  • 土質改良「土のリサイクル」、土壌汚染対策の実施
  • ZEH、高気密高断熱住宅、省エネ住宅(断熱等性能等級4、一次エネルギー消費量等級5)
  • ISO14001マネジメントシステムによる、CO2・電力使用量・事務用紙使用量削減への取り組み
  • 環境美化活動への取り組み(公園整備、信濃川をきれいにする会「クリーン作戦」参加、NPO森林ボランティア参加)

≪太陽光発電事業≫
システム容量95.6kw(パネル324枚)

≪土質改良事業≫
建設発生土の土質改良機による「土のリサイクル」

≪環境にやさしい住まいづくり≫
ZEH、高気密高断熱、省エネ住宅の推進

≪ISO14001のよる環境の配慮、環境美化活動への積極的参加≫
CO2・電力・事務用紙使用量削減、公園整備などの活動参加

人々が安心して暮らせる
街づくりを目指します。

  • 災害に強い建物造り(CLT工法、設計・施工 耐震等級2以上、既存建物耐震改修)
  • リノベーション事業(コストを抑え、廃材を削減し、新たな建物としての価値を造る)
  • 震災復興活動(災害対策車両の運用、協定)

≪災害に強い建物造り≫
CLT工法:耐震等級3、断熱・遮炎性など

≪リノベーション事業≫
コストを抑え、廃材を削減し、新たな価値を造る

≪震災復興活動≫
災害対策車両を運用し被災地を支援

≪制振ダンパー≫
既存建物の耐震性能向上

社員が会社と共に成⻑できる
働きやすい職場づくりを推進します。

  • 健康経営
    (にいがた健康経営推進企業登録、新潟市健康経営認定事業所認定)
    健康診断、ストレスチェック受診率100%
  • ハッピーパートナー企業登録
  • OJT、集合研修、人材の活用と育成
  • 労働時間短縮、休暇取得促進

≪健康経営≫
にいがた健康経営推進企業登録
新潟市健康経営認定事業所認定

≪働きやすい職場へ≫
ハッピーパートナー企業認定

プライバシーポリシー    © 2016 新潟藤田組

vertical_align_top